SEO-P-LINK マニュアル

<   2008年 08月 ( 7 )   > この月の画像一覧

RSSに対応済み

SEO-P-LINKは、主にブログでの更新情報の配信として使われているRSSに対応している。
RSSだけでSEO効果はあまり期待できませんが、その他のSEO対策との相乗効果が期待できます。
旧バージョンの場合は対応していないので、最新バージョンにバージョンアップをオススメします。
また、バージョン2.1→2.2で、カテゴリごとに一括で相互リンクチェックができるようになっています。
かなり便利(以前が不便)ですので最新バージョンにバージョンアップをオススメします。
[PR]
by seoplink | 2008-08-27 12:01 | SEO-P-LINK マニュアル

SEO対策は、控えめでちょうどいい

SEO対策をやりすぎるとすぐに検索エンジンでの表示が極端に下がったり、表示されなくなったりする。
SEOは、ついつい過剰になりがち。
万一、やりすぎと判断されてしまった場合、過剰な部分を改善すれば元に戻るけれど
どこを直せばいいのかが難しい。
しかも、アルゴリズムが年々厳しくなっていてSEOをやらないほうが間違いがないんじゃないかというくらい。
できるだけ、少しずつ効果をみながらSEOするのがいいし、できればサブサイトで試してからメインサイトにSEOするくらいの慎重さが必要かもしれない。
[PR]
by seoplink | 2008-08-22 12:04 | 日記

SEO-P-LINK

SEO-P-LINKは、グーグルでの上位表示しやすい気がする。
ヤフーは、内部要素も影響するので登録されたサイトによってキーワード出現率などが変わってくるので安定して上位表示は、難しいかも。
ときどき、キーワード出現率をチェックすれば可能かも知れないが現実的でない。

SEO-P-LINKは、URL/seoplink/のseoplink/をとってトップページをSEO-P-LINKにしたほうが上位表示しやすいし、簡単に改造できます。
[PR]
by seoplink | 2008-08-18 11:17 | SEO-P-LINK マニュアル

削除されたらあきらめよう

SEO-P-LINKは、相互リンクすればすぐに登録できてすぐに表示されます。
だからといって、複数サイト登録したり、カテゴリを適当に選んだり、禁止されているサイトを登録してもページランクが高かったり、検索エンジンで上位表示されていたりするSEO-P-LINKの場合、必ずチェック後削除されます。
削除されたのにまた登録する人がいますが、結局URLやキーワード等で拒否設定されてしまうので意味がありません。
[PR]
by seoplink | 2008-08-13 16:42 | SEO-P-LINK マニュアル

SEO-P-LINKに登録する

SEO-P-LINKは、相互リンク確認機能がある。
以前は、いちいちチェックするのが面倒だったけど、今は、カテゴリでチェックできるのでリンク切れ(リンクページが移動するとリンク切れになります)は、削除される確率がかなり高くなっています。
登録して一番いいのがトップページリンク。
でもトップページにリンクできない&したくない場合は、SEO-P-LINKを設置するのがいい。
リンクしたページが移動しないのでリンク切れとされて削除される可能性がないし、同じSEO-P-LINKだからリンクの仕方に問題があるはずもない。
[PR]
by seoplink | 2008-08-11 14:27 | SEO-P-LINK マニュアル

SEO-P-LINKの注意点

自動の相互リンク集SEO-P-LINKで注意する必要があるのは、編集画面で登録先をクリックすると(ちゃんと管理している人は、クリックすると思う)クリックした相手のサイトにアクセス解析が付いていると編集画面のアドレスがばれてしまう。
このアドレスは、パスを含んだアドレスになっており、そのまま他人が自分のサイトの編集画面に入れちゃう、つまり編集・削除できてしまう。
最新バージョンがどうなっているか確認してませんが、登録サイトを確認するとき編集画面で行わないのが賢明です。
ただ、SEO-P-LINKは、list.cgi と categry.cgi (cgiでなくdatの場合、あなたのサイトURL/category.datで内容が表示されちゃうのでバージョンアップをオススメします) をバックアップしておけば、万一壊れてもアップして666に変更するだけで復活。
[PR]
by seoplink | 2008-08-07 12:03 | SEO-P-LINK マニュアル

再開設

SEO-P-Link一覧からSEO-P-LINK マニュアルにリニューアルしました。
よくわかんないけれど
記事がSEO-P-Linkへのリンクが中心だったのが利用規約に反するとされたのかも知れません。
ブログ停止には、なったけれどアカウント削除には、ならず
一週間後に同じアドレスで再開設できました。
[PR]
by seoplink | 2008-08-07 12:03 | 日記